TOKYO2020



みなさんこんにちは。

アスリート島本です。


写真専門学校同期で同い年のスポーツフォトグラファーが今大会もオフィシャルで入っていて体操競技を中心にたくさんの良い写真を残しておりまして。

アスリート島本はその彼女に刺激を受けて記念に選手紹介風写真を撮ってもらいました。笑

ホンモノオリンピックフォトグラファーによる贅沢な1枚です。


さてさて、なんだかんだでオリンピック最高に楽しかったですね。

政府や委員会はいいとして、やはりアスリートは素晴らしいです。

普段はプレミアリーグとモータースポーツしか観ないしオリンピックは毎回特に楽しみな競技や見たい選手がいるわけでもないのに終わった頃にはめちゃめちゃ楽しかったな〜感動したな〜となるのが夏冬の恒例行事です。


今大会はまずは男子サッカーが本当に素晴らしいチームでした。

最強オーバーエイジに加えてクボタケなどのスター性のある選手も多くて。

メダル獲れなかったのは残念だったけど観てて楽しかったし一番可能性を感じるチームでした。


他にはスケボーとサーフィンとフェンシングとバスケを初めて観たりして。

スケボーは仲間感がすごく良かったし女子バスケには驚かされたし。

知らない競技でも応援しちゃうし感動しちゃうし熱くなれるのはやはりスポーツの素晴らしいところだなと。


そして水泳の大橋悠依選手。

水泳はいつも観てなくて大橋さんのことも400m金メダルもニュースで知って200m決勝のとき出先でたまたまやってることを知ってiPhoneで応援してましたが今大会で一番興奮しましたね。笑

一人で黙って応援してたけど1着でゴールした瞬間周りに観てる人居ないか探しちゃいましたからね。

思いっきり喜べなかったのと喜びを共有する人が居なかったのが残念だったけど個人的に一番盛り上がったメダルの瞬間でした。


という感じであっという間に終わってしまったTOKYO2020。

こんな状況だし否定派がいるのは当然だと思うけど結局楽しんだ者勝ちだと思います。

否定派の方々はオリンピック期間中テレビのチャンネル変えるたびにイライラしていたことでしょう。

肯定派でもない自分ですが組織はどうあれアスリートは一生懸命応援したいと改めて思いました。

スポーツは素晴らしい。そして不倫と賭博はよくない。


ではまた北京で。